アフィリを始めよう>アドセンスを始めよう - アフィリエイトでお小遣い

アドセンスの広告タイプ

アドセンスの広告には、いくつかの種類があります。

【コンテンツ向け広告】


サイト内にアドセンス広告を貼っておくと、そのサイトのコンテンツに合った広告や訪問者に合った広告を表示してくれるタイプで、最もよく使われています。

【検索向け広告】


サイト内に検索窓を設置しておくと、そのサイト内又はウェブ全体から検索できるようになり、また、その検索結果に広告を表示してくれるタイプです。

【フィード向け広告】


サイトのフィードにフィードの内容に関連のある広告を表示してくれるタイプ

【ドメイン向け広告】


サイトがまだ準備中の場合などで、404エラーが表示される代わりに、広告を表示してくれるタイプ

【モバイルコンテンツ向け広告】


携帯、スマートフォン向けに広告を表示してくれるタイプ


さらに、コンテンツ向け広告には、テキスト広告とイメージ広告の2種類があります。


よく利用されているのはテキスト広告で、その理由は、テキストの方がサイトに違和感なくなじみやすく、、ページ内の情報やキーワードとマッチしやすいといえるからです。

イメージ広告だと目立ちすぎて、イメージが浮いてしまって、クリックされにくくなるようです。

アドセンスの色は背景や、文字、枠などの色が自由に変えられるので、サイトのイメージにマッチした形に変えておくこと大切です。

また、テキスト広告でもサイトのバランスを見ながら、サイトのイメージが保たれるように配置しましょう。





アドセンス狩り対策

アドセンス狩りとは、他の人が作ったサイトのアドセンス広告を意図的に不正クリックし、アドセンスのアカウントを停止させることです。

これは、異常なクリック数があると、アカウントを停止するというグーグルの規約違反に厳しいことを利用した嫌がらせなのです。

当然、アドセンスでの収入がストップすることもありますし、アカウントがなくなる場合もあります。
これまで、まじめにやってきたのに、悪意の第三者によって、止められてしまうのは悲しいことです。

アドセンス狩りの対策としては広告表示許可サイトの設定があります

アドセンスの管理画面で
Adsense設定 > 許可サイト > サイト設定を選択

に移動し、広告表示を許可するURLを1行につき1つ入力し、保存します。

これで、特定のサイトのみに広告を表示させることができます。

この設定により、設定していないページにアドセンス広告が表示されても表示回数、クリック数はカウントされませんので、アドセンス狩りにも有効な対策になります。






アドセンスのクリック単価は?

異なるサイトで、まったく同じアドセンスの広告が表示されていても、そのクリック単価は違っているのです。

訪問者がアドセンス広告をクリックし、その先の広告主のサイトでの成約率が低いと、広告単価を低く設定する仕組みが働いているのです。

この仕組みは、スマートプライジングと呼ばれています。

Googleのサイトでは、アドセンスのクリック単価は複数の要因で決定され、「クリック率」は関係がないということです。

アドセンスで稼ぐためには、コンテンツが重要なのです。つまり、クリック先の制約率が高くなるような内容、あなたのサイトを読んでさらにそのクリック先の商品やサービスが欲しくなるストーリーが必要なのですね。

サイトの訪問者のことを考え、サイトを作成していけば、単価も高くなり、アドセンスの収入も伸びるということです。

▼:1日に5,000円以上稼げる日記サイトとは?
 >>登録ページへ

アドセンス規約について

アドセンスの規約は、絶対のルールです。

これに従わなければ、アカウント停止になり、これまで蓄積した報酬も貰えず、
そして、その後のアカウントの復活も絶望的になります。

よくある規約違反の例をご紹介します。

1.自己クリック

 自分のサイトの広告を自分でクリックすることは認められません。
 自分で広告をクリックして、アカウント停止になった例は数多くありますので、
 注意しましょう。

2.誘導

 クリックお願いします とか 注目のリンクはこちらから

 などと広告のクリックを誘導するのも禁止です。

3.相互クリック

 相互クリックとは、しめし合わせて、お互いの広告をクリック
 しあうことですがGoogleにはすぐにバレてしまいます。


結局は、アドセンスの規約をしっかり守り、適切な記事で質の高い
サイトを作成していくことが、アドセンスの収益を上げることに
繋がります。

▼:今のアドセンス収益を、数倍にしたいなら
>>登録ページへ



サイトキーワードと本文キーワードの配置関係

アドセンスの広告表示内容をできるだけページに合う効果的なものにしたいところです。

それができれば、当然名ながらクリック率上昇、そして報酬上昇となるわけです。

ですが、百発百中でマッチングした広告が、必ずしもあなたのサイトに掲載されるとは言えません。

自分の意図したものと異なる広告が表示される場合は、フィルタリングという機能を使用して除外することができますが、それでも納得いくものが掲載されない場合があります。

アドセンスではタイトルキーワードや、本文のテキストの量などを自動的に算出しながら、
広告が表示されます。

その際に大きな役割を果たすのがページ内にある用語、キーワードになります。

あなたのサイトが映画関係のサイトであれば、
 ・映画名
 ・役者名
 ・youtube

これらをカテゴリーに分けて、コンテンツを書いていくことで、映画関連の広告が表示されやすくなり、稼ぐことができます。

無意味な広告が出るようなら、サイトの構成、記事内容などの見直しを行うことで、1クリックで、30〜50円の収入を得ることができ、1サイトあたりの収入を、増やすことができます。

▼:100円しか稼げなかったサイトが、3,000円に変化した…?

 >>登録ページへ
当サイトはリンクフリーです。

http://affiri.sblo.jp/